TOP » プレスリリース

旬の記事


僕の街にはアメリカがあった SAITOZAKI FUN BOOK VOL.1 記憶の中の宝物 発行



福岡市東区西戸崎はかつて、キャンプハカタという米軍の飛行場やレーダー基地がありました。
1972年の基地の返還まで、小さなアメリカ社会が存在。地元地域の住民による米軍基地の印象としては、「昔、米軍基地がこの場所にあった」、「小さい頃、アメリカ兵との交流があった」、「あのマリリン・モンローが慰問に訪れた街」など、今では米軍基地の面影はほとんど残されていない中、昔を懐かしんでいる様な親しみを込めた思い出として残っています。
この度、当時の思い出を風化させないためにも、「西戸崎の街のことや米軍基地があったことをたくさんの方々に知って頂くため、何か形に残すことはできないだろうか?」という声が挙がり、米軍跡地調査や取材等を重ね、『そこはまさにアメリカ』、『マリリン・モンローが訪れた街』、『海の中道海浜公園は元米軍基地だった』、『西戸崎を愛した元キャンプハカタ・アメリカ兵からのメッセージ』、『西戸崎の知られざる魅力map』、『不思議いっぱい!志賀島』などの紹介をまとめた、“記憶の中の宝物”として冊子を作成。
冊子は1954年にマリリン・モンローがキャンプハカタに慰問に訪れた2月10日に発行しました。
本冊子を通じて、実際に西戸崎、志賀島に訪れて頂き、昔にタイムスリップした気持ちで、街の風情などを感じて頂きたいと思っております。
そして少しでも街に興味を持って頂き、将来的に起業や定住に繋げていきたいと思います。


■発行協力
・国営海の中道海浜公園 海の中道管理センター
・西戸崎公民館
・志賀海神社
・元キャンプハカタに勤務していたアメリカ兵
・地元の方々

■冊子内容
・発行日:平成31年2月10日(モンローがキャンプハカタを訪れた記念日)
・発行部数:5,000部
・ページ数:全16ページ

« お問い合わせ »