TOP » プレスリリース

新店舗


八女市の醤油蔵がお店を大正時代当時の外観にリニューアル!


まる昌醤油醸造元(福岡県八女市 代表:堤秀司)は、2015年4月、店舗を改装オープンします。




改装した店舗は、大正2年の建築当時の外観を忠実に再現し、内装も当時の柱や梁をイメージして設計しました。伝統的建造物に指定・復元された建物が大正レトロの趣を感じさせます。

修復にあたり、当時の技術を大工技術、左官技術、その他様々な部分に使用しました。壁には、竹と荒縄で作った骨組みに泥を塗り、3度の塗り重ねの上で仕上げる泥壁(白壁)の技術が使われています。
柱や梁は残して使用できるものは可能な限り利用し、柱の基礎にある付石もそのまま残しました。
その他、今ではほとんど使われることのない技術が随所に使用されています。

改装オープン日には、イベントを実施予定です。詳細は事業所ホームページにて告知致しますので、今しばらくお待ち下さい。

« お問い合わせ »