TOP » プレスリリース

新サービス


デジタルカメラによる3次元計測サービス(デジカメ計速)を開始


当社は、九州工業大学、福岡県工業技術センター、マツノデザイン店舗建築株式会社との産学官連携事業として、新たなデジタル画像3次元計測システム『デジカメ計速』の開発を行い、平成25年4月12日より本サービスの開始いたしました。

 

 お手持ちの『デジカメ』で、計測時の目標となる『マーカー』とともに対象物を撮影するだけで、PCから『クラウド』上で撮影対象物の寸法面積が分かる3次元計測サービスです。

 

 迅速性の高い災害時の早期査定や設計図面の無い建築物の計測等、多くの用途があります。

 

 また、関係機関のご協力により、当サービスは本年2月に、『第5回フクオカRuby大賞』のSalesforce賞を受賞することができました。

 

【デジカメ計速の特徴】
 @ 市販のデジカメ、iPad、携帯カメラでOK!
 A 現場での撮影時間は数分程度!
 B クラウドサービスなのでバージョンアップ時によるソフトの購入費用がかからず低コスト。
 C 高い精度 ⇒ 計測誤差2%以内。

« お問い合わせ »