TOP » プレスリリース

新店舗


東日本大震災被災者を支援  福岡市で美容室開業!


東日本大震災の被災者夫婦が新天地福岡市で美容室を開業したという明るいニュースです。

 

このご夫婦は、福岡市博多区月隈2-4-1 KHhair creative zone(ケイエイチ、美容室)の梅澤浩幸さん(46歳)と奥さんの清子さん。


気仙沼生まれの浩幸さんと田川市出身の清子さんのお二人は、宮城県気仙沼市で美容業を営んでいましたが、311日罹災。津波で店舗を失ってしまいました。


気仙沼で再び店舗をと思ったものの混乱の中で展望が開けず、子供を連れて奥さんの実家のある田川市に一旦身を寄せました。しかし福岡市でもう一度自分たちの美容室を持ちたいと店舗探し、資金調達を始めました。

 

地縁もないところでいろんな機関に相談したそうです。行き着いたところが、福岡県商工会連合会の「東日本大震災特別相談窓口」。相談を受けた商工会連合会経営支援大原チームリーダーは出来る限りの支援をと思い、不動産事業者を紹介したり、また金融機関にも直接赴き協力を求めました。書類等がなかなか整備出来ない中で、この夫婦の3か月以内に再開したいという熱意が伝わり、最初に相談した日から2週間という短期間で無事に融資が決定し、611日新店舗オープンとなりました。


「まだ気仙沼でという気持ちはあったけど、日本政策公庫の融資が決まったことで腹が決まりました。」と浩幸さん。


相談を受けた経営支援課大原チームリーダーは「0どころかマイナスからの再出発。苦労は多いと思うけどがんばってほしい。私たちも今後も支援していきたい」と語りました。

 

      浩幸さん、清子さんご夫妻と大原チームリーダー

 

             梅澤浩幸さん、清子さんご夫妻と大原チームリーダー


« お問い合わせ »

  • 福岡県商工会連合会
  • 〒812-0046
  •  福岡市博多区吉塚本町9番15号
  • 電話番号/092-622-7708  FAX/092-622-7798
  • Webサイト/http://www2.shokokai.ne.jp/
  • E-mail/fsk@shokokai.ne.jp
  • 担当者/  広報企画室  舩津