TOP » プレスリリース

旬の記事


亡くなられた大切な方の金属の歯で指輪がつくれることをご存知ですか?


 福岡県久留米市の“想い出工房 てらす”では、大切な友人の死をきっかけに歯科技工士としての技術や知識・経験を活かして、亡くなられた大切な人の金・銀歯で作るアクセサリーの受注製作を始めることとしました。
 このような事業展開を行う歯科技工士は見受けられず、またそのようなサービスを提供する葬儀社もないため、葬儀社にとっては新たな付加価値による他社との差別化を図ることが出来ます。悲嘆されている遺族へのグリーフケア(悲嘆回復)の役割も担っていると考えます。
 アクセサリーを身につけることで、故人と遺族を永遠につなぎ、遺族の悲しみを癒すことが出来ます。悲しみの中でも感動と喜びを感じていただけることが当事業所としての何よりの喜びであり、お客様の顔が見える新たな事業への取組みです。
 現在、火葬された後の金・銀歯(金・銀・パラジウム)は、立派な貴金属で価値があるにもかかわらず、その殆どが産業廃棄物として処分されています。しかし、亡くなられた方の身体の一部であった金・銀歯をアクセサリーに加工することでいつでも身近に身につけられ、亡くなった方がいつもそばにいて自分を見守っていてくれるような心の癒しになり、悲しみの中でも喜びと感動を与えることが出来るのです。 

« お問い合わせ »

  • 想い出工房 てらす
  • 〒839-0824
  •  福岡県久留米市善導寺町飯田410-1
  • 電話番号/0942-47-4473  FAX/0942-47-4473
  • Webサイト/http://www.terasuring.jp/
  • E-mail/jj_plusone@yahoo.co.jp
  • 担当者/麻生 淳一郎